ハーレクイン=プレゼンツ

ロマンスといえばハーレクインシリーズ、その中でもハーレクイン・プレゼンツ。これを読まずに・・・。
PR情報
エクステエクステンション(エクステ)販売 extena:つけ心地の軽い髪質を追求するサロンのための超音波エクステンション-extena-

放蕩息子の帰還―遠い昔のあの声に〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
レイフ・マッケイドが十年ぶりに帰ってきた!町はその話でもちきりだった。手に負えない極道者。悪魔の美貌を持つ男。南部で財を蓄え、あのバーロウ邸を買ったという。バーロウ邸といえば、幽霊がすむ館。改装して、旅館に?そんなこと…。だが、堅気になったレイフは、固い決意をもってバーロウ邸を買ったのだった。亡霊たちとうまく折り合ってみせるさ。久しぶりに見る町は変わっていなかった。見知った顔ばかりだ。一人だけ、初めて見る女が―骨董品店を営むという小粋な女。レイフは彼女に、屋敷に入れる家具の調達を依頼した。

内容(「MARC」データベースより)
手に負えない極道者、悪魔の美貌を持つ男、レイフ・マッケイドが帰ってきた。堅気になったレイフは、幽霊が住むというバーロウ邸を買い取り、屋敷に入れる家具の調達を、骨董品店を営む小粋な女に依頼する…。

愛の降る夜に―クリスティン・リマー傑作集〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
フラニーは台所の窓からひとりの男を見つめていた。おぼつかない足取りで雪の中をうろつく、みすぼらしい男。どうやら酔っぱらっているらしい。男はついに川の土手に倒れ込み、そのまま動かなくなってしまった。フラニーは急いで外に出た。誰かが助けなければ、彼は死んでしまうかもしれない。体を起こして近くのモーテルに連れていけばいいのだ。しかし、ネッド・セントチャールズと名乗ったその男は、一文無しで行くところもないという。フラニーは仕方なく、ネッドを一晩泊めることにした。だが翌日の夜も、二人は一緒だった。クリスマスまで置いてほしいと懇願する彼に、フラニーは同情よりもずっと強い、熱い感情を抱きつつあった。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
リマー,クリスティン
オクラホマ州に家族とともに住む。ロマンス作家になるまで、女優、店員、ビルの管理人など実にさまざまな職業を経験している。すべては、作家という天職に巡り合うための人生経験だったと振り返っている。近年、ロマンティックタイムズ誌で賞を獲得している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

王子様はお断り―モンクロワ公国物語〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
貧しかった子供のころ、サブリナはお姫様になることを夢見ていた。そして、いつか王子様が白馬に乗って迎えにきてくれることを。白馬の王子は、過去に二度、サブリナのところにやってきた。一度目は、母の死後引き取ってくれた実の父親。二度目は去年別れた夫。二人とも、しばらくの間彼女をお姫様にしてくれた。が、結局はどちらも彼女に大きな苦労を背負わせて去った。王子様なんてもうこりごり。二度とつまらない夢は見ないわ。ところが運命は皮肉なもの。なんと本物の王子様と出会ってしまった!ヨーロッパの富裕な小国、モンクロワ公国の次期大公、バーク王子だ。昔のようなばかな過ちを犯したりするはずがないわよね、サブリナ?だが彼女の心は、王子に一目会った瞬間から揺れ動いていた…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ロス,ジョアン
フリーのライターとして雑誌でユーモア・コラムを担当したり、会社を起こしたり、さまざまな経験を積んだ後、ベストセラー作家となる。USAトゥデイ紙や、コスモポリタン誌にも登場。各種受賞歴も多い。夫とともにテネシー在住(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

最後のおおいなる情熱―エマ・ダーシー傑作集〈5〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「僕は今シドニーにいるんだ。君に会いたいんだよ、アン」七年前、私の前から突然姿を消したサディが戻ってきた。かつて愛した男の出現に、アンの胸はうち震えた。七年!音信がとだえていた七年間、ずっと孤独で苦しかった。ほかの男性ともつきあってはみたけれど、彼を忘れることなどできなかった。一方、サディは劇作家として成功をおさめ、数々の美女たちとの関係をマスコミにとり沙汰されてきた。なぜ、彼は今ごろ連絡してきたの?でもこれは、彼への思いにけりをつけるいい機会だ。あれは若き日の夢にすぎなかったのか。それとも決して消えることのない情熱だったのか…。希望と不安と狂おしい思慕を胸に秘め、アンは彼のもとへ急いだ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ダーシー,エマ
ハーレクインを代表する作家の一人。波瀾に満ちた運命的な愛を描いた作品が多く、エマ自身もバイタリティあふれる女性。語学や演劇を教えながら女優を志したが結婚のために断念し、子育て後、念願の作家となった。オーストラリア在住。ミランダ・リーは実の妹である(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

償いの結婚式―リン・グレアム傑作集〈2〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
まだ二十歳になったばかりだというのに、どうしてこんなに、人生のあらゆる苦しみが襲いかかってくるの?複雑な家庭環境に育ち、誰の子供か断じて言えない幼子をかかえるクリッシーは、次々にふりかかる苦労の中で、どうにかして今日という日を生き延びようと、それだけに必死だった。その困窮のどん底の、いちばん見られたくない場面で、まさかあの運命の人にふたたび出会おうとは、クリッシーは夢にも思わなかった。因縁の貴族、ブレイズ・ケニアンが、いま、目の前にいる。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
グレアム,リン
北アイルランド生まれ。十代のころからロマンス小説の熱烈な読者だった。大学で法律を学ぶと同時に十八歳で結婚。この結婚生活は一度破綻したが、数年後、同じ男性と恋に落ちて再婚という経歴の持ち主。現在五人の子供を育てている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

うるわしき姉妹 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
『危険な結婚』―「私立探偵を雇って、私を尾行させたの?」シドニーからゴールド・コーストへ逃れてきて数日。アナは突然現れた夫リュークをなじった。幸せだった結婚生活に影が差したのは、夫のかつての愛人セリーンが、再び彼を狙ってあれこれと画策しはじめたからだ。アナは初めのうちこそセリーンを無視していたが、しだいに夫が信じられなくなり、ついに家を飛び出した。『愛の惑い』―ろくでもない夫のせいで男性不信に陥っていたリベカは、離婚して二年がたつ今も、男性を遠ざけていた。二度と恋なんかするものですか!そんな彼女にも、気になる男性が一人いた。一年前にたった一度、熱烈なキスを交わしたジェイス。義兄のいとこで、世界的な大企業の経営者だ。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ビアンチン,ヘレン
ニュージーランド生まれ。三児の母(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

あなたの記憶―ミスター・ミリオネア〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
ディランとアリサは、いつも一緒だった。友情を育んだ子供時代も、恋人どうしになった十代のころも。アリサが引っ越したことで、関係は一時とだえたが、大学で再会してからは、再び恋人としてつき合いはじめた。二人が一緒になることは、まるで運命であるかのようだった―アリサがディランの裏切りを目にするまでは。その後、アリサはディランの言い訳も聞かず、人生から彼を締め出し、二度と信頼するまいと誓った。今では二人とも故郷の町に住んでいるが、ろくに口もきいていない。そんなとき、事故は起こった。アリサが交通事故に遭い、重傷を負ったのだ。意識不明の状態がしばらく続いたあと、なんとか一命はとりとめたが、目を覚ました彼女は…すべての記憶を失っていた。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
バンクス,リアン
アメリカのロマンス小説界でナンバーワンの売り上げを誇る人気作家の一人。現在、夫と息子、娘とともに、生まれ故郷のバージニアで暮らしている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

愛は脅迫に似て―パリから来た恋人〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
サンドリンは新婚六カ月の夫ミシェルに書き置きを残し、ニューヨークからひとりゴールド・コーストにやってきた。映画のオーディションに受かって見事に役を射止めたものの、撮影のあいだ四週間も離れて暮らすなどとんでもないと、ミシェルにオーストラリア行きを強く反対されたからだ。だがサンドリンの意気ごみを裏切るかのように、撮影は大幅に遅れ、資金不足から映画製作自体が暗礁に乗り上げようとしていた。そんなとき、ある人物が映画に資金を投入してくれることになった。パーティの席上、その人物に会ったサンドリンは呆然とする。なんとそれはミシェルだった。彼は怒りをこめたキスで彼女を罰し、投資の対象はきみだと告げる。ぎこちない関係のまま、二人は再びともに暮らしはじめるが…。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
ビアンチン,ヘレン
ニュージーランド生まれ。三児の母。若いころ、秘書学校を卒業してすぐ友人とともに客船で対岸のオーストラリアにわたり、働いてためたお金で車を買って大陸の旅をした。その旅先で生涯の伴侶を得たというロマンスの持ち主(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

カサノヴァの素顔―プレイボーイの誘惑〈1〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
広告代理店に勤めるミッシェルのもとに、ある日、結婚式の招待状が配達された。差出人は、ミッシェルの十年来の恋人ケヴィン。二人は、別れてはよりを戻すというつき合いをずっと続けてきた。今は喧嘩していても、きっとまた仲直りしようと泣きついてくる。そう思っていたのに、いきなり結婚してしまうなんて!涙にくれるミッシェルをやさしく慰めてくれたのは、彼女とケヴィンの共通の友人、タイラーだった。お金持ちでハンサムで有能な彼に、今まで反発を感じていたけれど、私が勝手に誤解していたのかもしれない。彼のやさしさに触れたミッシェルは、とんでもない案を思いつく。そうだ、ケヴィンの結婚式にタイラーを同伴して出席しよう。それも新しい恋人として。ケヴィンはどんな顔をするかしら。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
リー,ミランダ
オーストラリアの田舎町に生まれ育つ。全寮制の学校を出てクラシック音楽の勉強をしたのち、シドニーに移った。幸せな結婚をして三人の娘に恵まれたが、家にいて家事をこなす合間に小説を書き始める。現実にありそうな物語を、テンポのよいセクシーな描写で描くことを得意とする(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

ピリオドを打ってから―クリスティン・リマー傑作集〈3〉 (新書)

内容(「BOOK」データベースより)
「それで、ここを去って、きみはこれからどうするつもりなんだ?」フェイスは、プライスの口調のきつさに身構えた。サンフランシスコ湾を見下ろす丘の上に立つモンゴメリー家の屋敷で、十年間家政婦を務めてきたフェイスは、ついに、辞めたいと当主のプライスに告げたのだった。長年、彼女はプライスのことをひそかに恋していたが、決して報われることはないとあきらめ、自ら去る決心をしたのだ。だが、その日から、プライスは急に彼女に目を向けるようになった。後任の家政婦が決まらない画策までして、悪びれる様子もない。親しげになったかと思うと不機嫌になる彼に、フェイスはとまどう。だが混乱しているのはプライスのほうも同じだった。失うとわかって、彼女がどれだけ大切かに気づいたからだ。ふたりのあいだに緊張が高まった。そして最後の週末、プライスは彼女を夢のようなディナーに誘う。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)
リマー,クリスティン
オクラホマ州に家族とともに住む。ロマンス作家になるまで、女優、店員、ビルの管理人など実にさまざまな職業を経験している。近年、ロマンティックタイムズ誌で賞を獲得している(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

[電子たばこ] [台東クラブ] [美容外科] [千葉の印刷なら千代田印刷] [高収入バイト情報] [日暮里 鶯谷 上野 ニュース] [GOGO!江戸川区!] [鶯谷・うぐいすだに] [鶯谷情報ナビゲーション!「鶯谷のコト」] [横浜関内リラクゼーションサロンDIO] [ハロー!江東区!] [東京ぶらぶら] [幼児・子供用 新型インフルエンザ マスク] [墨田区紀行] [アキバ中毒のページ] [台東紀行]

ooo新鮮 魚料理を食すooo アイスが食べたいお年頃@千葉ooo TOKYO SMOKER(トウキョウスモーカー)ooo おいしいくだものメニューooo ショッピング 検索ooo 100均より安いooo 裏千葉ラーメン戦線異状なしooo 千葉文化ぶんか!ooo 美容.コレクションooo 新聞を読もう!ooo 山手線エリア 珈琲~Coffee~ooo 歴史千葉ooo 千葉を中心としたの潮干狩り場・潮干狩り情報をご紹介する~ちば潮干狩り.COM~ooo 週末お出かけマップアンドパーク千葉ooo 「TaEco」(タエコ)ooo 千葉天ぷら・千葉天ooo 東京ぶらぶらooo IIS設定備忘録ooo 和菓子de千葉はんなりooo 千葉県の自然ooo